長居植物園植物図鑑

ボケ

大正時代と昭和にボケブームがおこり、 品種が多く作出された。 果実は甘い香りで果実酒やジャムに。

撮影日:2021.3.16
撮影者:管理者
学名
Chaenomeles speciosa
植物名(標準和名)
ボケ
名前の由来
【学名】Chaenomeles「裂けたリンゴ」 speciosa「美しい」
【標準和名】木瓜(もけ)が訛ったとされている
科名・属名
バラ科ボケ属
花色
その他
花期
3-5月
果期
赤、白
原産地
中国
ボケの仲間は、日本に自生するクサボケ、中国に産するボケ、マボケの3種が知られている。このうち、ボケは平安時代に日本へ渡来したとされ、現在では暖地を中心に栽培されるほか、里山などの林野に帰化している。果実は黄色く熟し、甘い芳香を放つ。

全体像

撮影日:2022.3.30

撮影者:管理者

葉・花・実・その他

花

撮影日:2021.3.16

撮影者:管理者

見れる場所二次林(長居の里山)

ボケが見れる場所 二次林(長居の里山)

戻る