長居植物園植物図鑑

古第三紀/新第三紀植物群

    恐竜が絶滅(白亜紀末期)した次の時代「第三紀」(約6,600万年前~258万年前)に栄えた植物群で、小池を中心としたエリアには、奇妙な気根を出すラクウショウ、生きている化石といわれるメタセコイア、世界で最も背の高くなる樹木の一つとして有名なセンペルセコイア、現在の日本には自生していませんが、この時代にはあったことが、産出した化石からわかっているフウやユリノキ等の姿を見ることができます。

1~12件/12件中

トクサ
トクサ
タイワンスギ
タイワンスギ
ハンゲショウ
ハンゲショウ
ハンカチノキ
ハンカチノキ
メタセコイア
メタセコイア
チャンチンモドキ
チャンチンモドキ
セコイア
セコイア
ハナノキ
ハナノキ
スギ
スギ
フウ
フウ
ラクウショウ
ラクウショウ
テーダマツ
テーダマツ