長居植物園植物図鑑

ハナズオウ

葉の形がハート型。 乾燥に強く、痩せ地でも育つ丈夫な木。

撮影日:2022.4.7
撮影者:管理者
学名
Cercis chinensis
植物名(標準和名)
ハナズオウ
名前の由来
【学名】Cercis「小刀の鞘」 chinensis「中国産の」
【標準和名】花色が蘇芳(マメ科の植物で、紫色の染料になる)で染めた布の色に似ることから
科名・属名
マメ科ハナズオウ属
花色
花期
3-4月
果期
9-11月
原産地
中国
中国原産のマメ科ジャケツイバラ亜科の落葉低木。春になると葉の展開に先だって、赤みを帯びた紫色の小さな花を多くつける。枝は横に広がらず、箒を逆さにしたような樹形になる。園芸種には、花が白いシロバナハナズオウや枝が枝垂れるシダレハナズオウ等が知られる。

全体像

撮影日:2022.4.20

撮影者:管理者

撮影日:2022.9.27

撮影者:管理者

葉・花・実・その他

葉

撮影日:2022.9.27

撮影者:管理者

花

撮影日:2022.4.7

撮影者:管理者

見れる場所二次林(長居の里山)

ハナズオウが見れる場所 二次林(長居の里山)

戻る