長居植物園植物図鑑

シャクヤク園

    私たちがシャクヤクと呼んでいるものは、ボタン科ボタン属の植物で、中国北部から朝鮮半島北部に分布する耐寒性の強い宿根草を品種改良したものです。
    日本には15世紀頃、中国から薬草として渡来し、その花の美しさから江戸時代には観賞用として各地で園芸品種が育成されました。中国からヨーロッパに渡り品種改良されたものは、洋種シャクヤクと呼ばれて、日本でも栽培されています。シャクヤクの花は、4月下旬頃が見頃です。
    シャクヤク園に植栽している高木は、中国北部原産のシダレエンジュです。中国では縁起のよい木とされています。夏には枝の先に白い花をいっぱい咲かせ、冬には枝垂れた枝がねじれるユニークな姿がみられ、シャクヤクの花のない時期も楽しめます。

  • シャクヤク園 品種一覧

1~1件/1件中

シダレエンジュ
シダレエンジュ